感想文

バリアフリーコンサート鑑賞後の声

コンサートの声

歌のハッピーブリンデンコンサート鑑賞後の子供達の声

1年生、2年生
● どうかせかいじゅうのこどもたちにえがおをとどけてください。おねがいします。
●しゅわをつかって声が聞こえない人と話したいです。
●今日おしえてくれたことをいっぱいつかいたいとおもいます。すごくべんきょうになりました。またきてください。

3年生、4年生
●ぼくもあなたたちみたいなしゅわを教えながら歌をうたう人になりたいです。そしてたくさんの人をわらわせたり、教えてあげたりいろいろな人にみせたいです。ぼくはどんなかっこうでくるかとおもったら、すごくおもしろいかっこうできたから、わらってしまいました。げきかと思ったら歌やえんぎで、げきよりなんじゅうばいおもしろかったです。
●病気でねたきりの子のゆめは、わたしたちが歩けることやおでかけできるわたしたちが出きることをみていたので、しょうがいの子をバカにしたらいけないことを学べた。手で話す手話を楽しく教えてくれた。楽しい音楽をおもわず歌いたくなり音楽がすきになった。わたしはステージに上がったときにやさしくでむかえてくれたので、やさしいってかっこいいなぁとおもってやさしい心をもてた。ありがとうございました。
●わたしは今日のえんげきかんしょう会で、ものすごくたのしい思い出ができてうれしかったです。またきて楽しい歌をおしえてくださいネ!!わたしがいちばんおもしろかった歌は「海の中のきょうりゅう」の歌が好きです。みんな、「たのしい歌がいっぱいだったね。」と、ゆう人が多かったようでした。わたしのすきな歌がいっぱいありました。ほんとうにまた来て、今日と同じ歌をかえないで、まったくおなじ歌をうたってください。おねがいします。
●わたしがかんどうしたことは、学校にこれない子がチョウチョになって、動物園へ行くうたです。そのうたのいいところは、びょうきをもつ子はさみしいから、わたしたちがいじめはぜったいやんないで、わるぐちもいわないで、友だちと仲よくたのしく学校生活を大切にしてくださいという気持ちがつたわってきました。これからも全国のみんなにその気持ちをつたえていってください。
●大人になったらかご島に行って、池田の池を見てみたいです。あのきょうりゅうの歌も少しだけおぼえました。そしてツボンさんの声がとってもきれいでした。後、ヤップリンのイスラエルも行ってみたいです。今日はとっても楽しかったです。

5年生、6年生
●私ははじまる前に、(どんなげきだろう。)(どんな人たちがくるのだろう。)とわくわくしました。ハッピーブリンデンさんたちは、げきもうまくて、うたもうまくてびっくりしました!でも、かんげきしました。げきやうたがおわると、私は(もっと見たいなぁ)(早いなぁ)(またあえるかなぁ)など、いろいろな気持ちになりました。だから次に会うのが楽しみです。とてもおもしろかったです。友だちと笑いながら見ていました。またいつでも亀山小学校に来て、新しい一年生、二年生、三年生、四年生、五年生、六年生に笑いと新しい思い出をつくってください。
●手話を使って歌を歌ったり、手話の練習をしたりして、耳の不自由な方はいつもどういう感じなんだろうとか、手で話ができるなんですごいなと思いました。そして、手話に少し興味を持ちました。また、いつか皇徳寺小学校に来て、歌や手話のコンサートをしてください。楽しみに待っています。
●私はこのコンサートでいろいろなことを感じました。曲の中には体の不自由なちょうになって動物園へ行く歌で、もし私が体の不自由な人だったらなどいろいろ考えさせられました。不自由な所がないからふつうに生活できてるわけで、目が見えなかったり、耳が聞こえなかったりしていたら、どんな生活なんだろうと思いながら聞くことができました。また、楽しい歌ばかりでとても楽しかったです。私が一番思ったことは歌ってすごいなぁと思いました。歌は人の心を動かしてくれるものなんだってことを改めて実感しました。今日感じたことをふだんの生活の中に生かしていきたいです。
● 今日の音楽鑑賞会で学んだ事がありました。それは言葉の壁があっても、思いが伝わるということを学びました。さらに、ツボン先生の歌声や、楽しかった指遊びなどで、とても満きつできました。
● わたしは手話をこれから少しずつ勉強していきたいと思います。もし、病気や障害をもっている子がいたら、誰でもやさしく手をさしのべてあげようと、このハッピーブリンデンさんが見せてくれたミュージカルのおかげで思うことができました。次はわたし達は中学生になっているので国分中にも来てくださいね。
●私は今日、今まで知らなかった手話をいろいろ知ることができました。一番印象に残ったのが最初の「かごまーご」という曲でした。自分の故郷を曲にするなんてすごいと思いました。低学年から高学年まで楽しめる曲をありがとうございました。また機会があれば来て下さい。

☆ 大人の皆さんからいただいたご感想

【南さつま市立万世小学校】
●すばらしいコンサートでした。子どもたちが優しい心に浸ったように思います。今後も多くの人たちに優しい心を育ててください。
●高齢者にとっても心が温まる思いがしました。寄付でももらって毎年続けてほしいです。
●今まで手話に関心がなかったが、このコンサートを見て手話が身近になった気がします。聴覚障害のある方には手話がものすごく必要であることが改めてわかった。
●子どもと一緒に観ることができて良かったと思います。来年も日曜参観と合わせて実施してほしい。感動しました。

【鹿児島県ことばをはぐくむ親の会】
●どんなコンサートかとても楽しみにしてました。子どももCD(かごまーご)がほしいと言っています。気に入った様子です。一緒に手話で踊ってそして歌おうと思います。今日は本当にありがとうございました。来て良かったです。(子供は朝になり行きたくないと言っていたのですが、大満足で来て良かったとにっこり)
●初めてのコンサートでした。子ども二人(6歳と4歳)と一緒に来てみました。子供たちも笑顔で手が自然とお姉さんを見ながら動く姿が印象に残っています。手話を身近に感じました。とてもコンサートに参加できてよかったです。まほうつかい最高!

【鹿児島市教育委員会主催「人権啓発コンサート」】
●歌がとっても良かったです。観客も一緒に楽しめる構成で、手話が身近になりました。
●人と人とのつながりの大切さ、改めて感じさせていただきました。素晴らしいコンサートをありがとうございました。
●歌のコンサートでこれだけ楽しくなれるんだと感動しました。とても温かいコンサートでした。
●素晴らしい企画ですね。頑張ってください。皆が仲良く労わりあう社会になったらいいですね。
●色々な面白いキャラクターや歌がとてもすごくて楽しかったです。最後の「エイエイオー」もすごく楽しかったです。またやりたいな。
●幸せな仲間たちとの説明が初めにありました。まさに、舞台の4~5名の表情、笑顔がキラキラ輝いていて見聞きするうちにほのぼのとした平和な気持ちになり、自分達の家庭も地域も明るく助け合いの心で過ごすことが希望の持てる社会の構築に近づいていける。このような思いを強く感じました。最近、特にこの2、3日、心身ともに疲れていましたが、元気が出てきました。ありがとうございました。この頃はテレビや新聞のみならず、私達のまわりで絆の文字が多く見られるようになりました。人と人とが支えあい、助けあい、思いやりの心が日に日に広がることが平和な社会の柱になると思います。

☆ 主催者の方より

【協同の組織“むぎのめ”  社会福祉法人麦の芽福祉会】
障害があるとなかなか生の文化に触れる機会も少ないので今回は“子どもからお年寄りまで誰もが楽しめるコンサートを!”とのことで企画致しました。当日は、県下各地から障害のある子どもたちや家族の方達も含めおよそ600名近く集まり、色彩豊かなステージでの歌やパフォーマンスを楽しむことが出来ました。特に「きみの誕生日」や「エイエイオーの歌」などは、会場とステージが一体となり、とっても良かったと思います。参加した聴覚障害のある方達も前列で楽しそうにしていらっしゃいました。
今回のコンサートは障害があるなしに関わらず、誰でも参加し、楽しめて、心温まるメッセージが伝わってきたコンサートだったと思います。これからもたくさんの所でいろんな人たちが音楽を通して一つにつながることができる事を願っています。

 


田中星児wtihハッピーブリンデン

歌のバリアフリーコンサート鑑賞後のお客様の声

今まで経験したことのない素晴らしいコンサート、感動感激しました。私が今まで忘れていた、いや思いつきもしなかった人間の生き方を教えられました。(70代男性)

途中でなぜか涙が出てきた。(50代男性)

観客全体を巻き込んで昇華されたというか、ああいう一体感は予定調和の舞台ではなかなか体感できないものだと思います。久しぶりに心から楽しいと思える舞台を見せてもらった気がします。(30代男性)

3人の子供達に是非見せたくて、健聴者とろうあ者が一緒に楽しめるというのがとても素敵だなあと思いました。
とってもよかったです。今日来てよかったです。最高でした。(40代女性)

手話は小学校4年生の時に学習したけど、そんなに大切なものだとは思っていませんでした。でも、あのミュージカルを見ていた時は「手話って楽しい」という気持ちが心の中にありました。そんなのあっても、なんの意味もない。といつも自分のことしか考えなかった私が、初めて心を開いたみたいでした。(小6 女児)

耳が聞こえない人がいるので、手話も言葉も大切だと思いました。
もっともっと手話を覚えて、耳の聞こえない人と友達になりたいです。(8歳 女児)

多くの子供たち、特に聴覚障害児たちがノリノリで音楽を「見て」楽しんでいた姿が一番印象的でした。(30代 女性)


このコンサートについてのお問い合わせ

株式会社エイオービーアンドダヴィンチインターナショナル

TEL0996-33-0615 FAX0996-33-0614

MAIL toiawase@hapicon.net

問い合わせ

問い合わせフォームへ